初心者の為のホームページすすめ その3 店長日記11日目

ホームページ, 店長日記

こんにちは店長日記です。当ページはホームページを作ろうと思ってる初心者の為のブログです(‘Д’)

現飲食店の店長をやりながらホームページ作成やワードプレスなどをサブで制作しております。あくまでも本業は飲食店ですww
なぜ飲食店の私がいきなりホームページを始めたのかというときっかけは、ものすごく単純なものでした。それは、パソコンの世界にものすごく可能性を感じているからです。
可能性と言っても簡単なもので、現在の地方在住の方でで調べたいこと(例えば、子供の習い事・家電製品のトラブル・地域のイベント)の情報が乏しいと思ったことはないでしょうか。情報を求めてる人に対しての情報が少ないと思ったから、私は、ホームページにものすごく可能性を感じており、スマートフォンが1人1台と言われている世の中で正しく正確な情報を発信していきたいと思いこのブログを書いています。

初心者の為のホームページすすめその3になります。

前回までのおさらいですが、ホームページの基礎となるタグをご紹介しましたね。(前回:初心者の為のホームページすすめ その2 店長日記10日目)

覚えていますか?(‘Д’)

<!DOCTYPE html>

<html>

<head>

</head>
<body>



</body>


</html>

上記のコードです。(前回:初心者の為のホームページすすめ その2 店長日記10日目)

覚えてなかったり、見ていない方は店長日記10日目をご覧ください。

そろそろ、本題に入りましょう。今回、紹介するタグは、文字コードを指定するタグについてお話していきたいと思います(‘Д’)

文字コードの指定について

文字コードとは、webブラウザーでhtmlファイルを読み込んだ時に(漢字)なのか、(ひらがな)なのかを解釈してくれます。

もし、この文字コードがない場合は文字が全部文字化けになってしまいますので気を付けてください。

初めの頃は、私もついつい書くのを忘れて文字が文字化けしてしまい、焦ったりしていました(‘Д’)

<meta charset="Shift_JIS">

上記のタグが文字コードになります。

一つ一つ読み解いていきましょう

まず、1つ目の【meta】タグはホームページに関する様々な情報を記載するためのタグです。

次に、2つ目は【charset=””】属性はhead要素内に記述することで、文章の文字コードを指定します。2つ以上の文字コードの指定を文章内に入れることができます。

3つ目は、【Shift_JIS】は属性値と言い【charset=””】の中に入れる値を”属性値”と言います。

上記の文章を踏まえてhtmlの文章の中に書いていきましょう。

<!DOCTYPE html>

<html>

<head> 
<meta charset="Shift_JIS">
</head> 

<body>

 
</body>
 

</html>

このような書き方になります。

これでホームページの文章を文字化けすることなく作成できます。

以上で今日は終わりたいと思います。

ps:これからのホームページブログは、面白くなってくる(;゚Д゚)はず